あなたの欠損治療

歯周病で失った場合

implant fukuoka歯を抜くとき、その歯がぐらぐらしていたら、歯周病が原因である可能性が高いです。
もちろん、先生から「歯周病がひどくて、もう治療ができないから、抜いてもいいですか。」
という説明があった場合は確定です。


歯を失う原因として、最も多いのが歯周病 です。

歯周病で歯を失った人が欠損治療を行うときに注意する点が2つあります。

1.失った歯以外の歯は大丈夫ですか?

歯周病は細菌感染症であり、口全体に拡がる傾向のある病気です。
1本の歯を失うほどの重度の歯周病がある場合、その他の歯も歯周病に罹患している可能性は高いです。


欠損治療だけに目を向けるのではなく、新たに歯の欠損ができないよう、残存歯の診査、治療が大切です。


また、もしインプラントを欠損治療として考えている場合は残存歯の歯周病治療はさらに重要になります。


インプラントはむし歯、破折は起こりませんが、歯周病菌が原因のインプラント周囲炎のリスクはあります。
インプラント周囲炎は重篤になるとインプラント体自体が骨からはずれ、インプラントの寿命が終わってしまう大変な病気です。
残存歯から歯周病菌が感染しないように、残存歯の歯周病管理をきちんと行うことが重要です。

2.歯を失った本当の理由は?

歯を失った直接の原因はもちろん歯周病であり、歯周病菌の感染です。
しかし、その失った歯だけ、特に歯周病が重篤になった原因は何でしょうか?


その歯が1番歯みがき状態が悪く、歯周病が進んでしまったので、1番初めに失うことになったのかもしれません。


でも実は、私が見てきた中で最も多い原因は力のバランスの不具合です。


implant fukuoka要はその歯に1番大きな力がかかっていたということです。
力の負担が1番大きかったため、歯周病が最も進行して、1番初めに失うことになったのです。


早期接触という言葉があります。
まっすぐ噛むときやギリギリ噛むときに他の歯より、早く、強く、咬み合わせる部分です。 これが歯周病を重篤化させる大きな要因です。

ところで、その歯がなくなった後、力のバランスはどうなるのでしょうか?
食べるもの、噛む力、習癖、習慣などに変化がなければ、その歯が負担していた力は別の歯が負担していることになります。


implant fukuoka

早期接触が別の歯に移動するだけで、状況は歯の数が減った分、さらに悪くなっていると言えます。
咬合支持が少なくなるほど、歯の喪失の波は急速化します。

力のアンバランスが改善されない限り、次なる歯の欠損は間近ということです。
歯周病で歯を失う場合はこの①②のことをふまえて欠損治療を選択することが重要です。

あなたのインプラント
歯を失った原因から欠損治療を考察した後は、歯の欠損数から、最適な欠損治療を考えましょう。

インプラント治療無料相談開催中 インプラント小冊子
昭和歯科医院

医療法人社団 朝菊会 昭和歯科医院

福岡県福岡市西区大字徳永大町913-1
筑肥線 九大学研都市駅 徒歩5分
福岡市天神から国道202号線で西に15km
糸島市筑前前原からは東に6kmです。
TEL 092-807-6912

平日 9:00~12:00 / 13:00~18:00
土  9:00~13:00
休診日 日・祝日

昭和歯科医院 歯ッピーカラフルライフ
昭和歯科医院公式facebook