あなたの欠損治療

初めて歯を失ったとき

前歯1本の欠損

左側中切歯を欠損した場合を例にします。


前歯は奥歯に比べ、継続的な力がかかりにくいため、寿命は長い傾向にあります。
前歯は事故による喪失のリスクが高くなります。
「ボールが当たった」「人の頭が当たった」「転んで打った」などは必ず前歯に起こるからです。


一般的に前歯の治療は奥歯の治療より難しいとされています。 なぜなら、機能の他に「見た目も重要」だからです。
「歯があればいい」「噛めればいい」というレベルの治療を行うわけにいきません。
前歯では機能性の他に審美性が必要になるのです。


治療方法は奥歯の中間欠損と同様、インプラント治療とブリッジ治療の2種類です。

1.インプラント治療

あなたの欠損治療

1本欠損の場合、当然、第1選択となります。
「歯を1本失ったところに人工の歯を1本入れる」という最も理にかなった明快な治療方法です。


歯を失った部分の骨や歯ぐきが充分ある場合は問題ありません。
しかし、前歯を支えている骨は非常に薄いため、骨が大きく吸収している場合もあります。
審美的に仕上げるには骨造成や歯肉移植が必要になります。


インプラント治療の利点は残存している周囲の歯に負担をかけない治療ということです。
しかし、前歯の場合はそれより重要なことがあります。
それは、隣接歯を扱わないで済むことです。
奥歯に比べ、前歯は修復されていない場合が多いので、侵襲の大きさがかなり変わってきます。
このことは次項のブリッジ治療で詳しく説明します。

2.ブリッジ治療

ブリッジの支台歯を作るために歯を大きく削ります。3本がつながった補綴物がブリッジです。

あなたの欠損治療

昔から行われている従来型の治療です。 違和感は比較的少なく、受け入れやすい治療です。

しかし、前歯においてのブリッジ治療には2つの大きな問題点が存在します。

1.欠損の両隣の歯に大きな負担をかけます。

奥歯における欠損治療よりは力の負担は少ないです。
しかし、天然歯を大きく削る場合は侵襲がかなり大きいと言えます。
見た目をきれいにするためには神経を取らなければならないこともあります。

2.見た目、経済性を考えるとインプラント治療の方がメリットが大きくなります。

ブリッジ治療には基本的には2種類あります。
変色しないセラミックを使った審美修復とプラスチックを貼り付けた冠による保険治療です。


あなたの欠損治療

前歯のブリッジはセラミックを利用したものになります。 着色、変色がなく、非常に審美的になります。
ただ、3本分のセラミック冠の費用が必要です。 また、歯のない部分の歯ぐきが下がっている場合は歯ぐきを作る処置が必要になります。

 

あなたの欠損治療

プラスチック素材のため、短期間で着色、変色をします。
見た目だけの問題ではなく、素材の劣化により、プラークの付着を誘発して、歯の寿命を短くします。
斬間的にはありですが、恒久的治療とは言えません。

 

前歯のブリッジとしては当然、セラミック冠ブリッジがおすすめの治療です。
ただ、セラミック冠ブリッジはセラミック冠3本の費用がかかります。
経済的な観点ではインプラントを1本するのと大きく変わらなくなります。

それなら、隣接歯に負担をかけないインプラントの方が優れた治療と私は考えています。

初めての選択
このステージをより具体的に書いた超短編小説です。 楽しんでいただけると幸いです。

部分入れ歯に抵抗

「初めて歯を失ったとき」の次にあるステージです。 「初めて歯を失ったとき」の治療、管理がうまく行けば、 関わらない話になります。 でも、もし更なる欠損ができたときは知らないと怖いです。

インプラント治療無料相談開催中 インプラント小冊子
昭和歯科医院

医療法人社団 朝菊会 昭和歯科医院

福岡県福岡市西区大字徳永大町913-1
筑肥線 九大学研都市駅 徒歩5分
福岡市天神から国道202号線で西に15km
糸島市筑前前原からは東に6kmです。
TEL 092-807-6912

平日 9:00~12:00 / 13:00~18:00
土  9:00~13:00
休診日 日・祝日

昭和歯科医院 歯ッピーカラフルライフ
昭和歯科医院公式facebook