あなたの欠損治療

健康志向、その先に

福岡インプラント

「あなたの欠損治療」と銘を打って、できるだけ あなたご自身に近い状況におけるインプラント治療を イメージしていただこうとしています。

しかし、今まで歯についてあまり考えたことのない方 には難しいかもしれません。

そこで、短い小説にすることで、臨場感を持っていただこうと考えました。
すぐに読み切れる量なので、参考にしていただければ、幸いです。

健康志向、その先に・・・

取り外し式の入れ歯の不具合に悩まされている方を想定したものです。 入れ歯との決別の状況です。


「私、もっと早くこの治療してればよかった・・・ ね、先生。」
『気に入っていただけて、本当によかったです。』
「あれから、どうもないもん、歯を何本も損しちゃったかしら。」
先生は笑顔でうなずいた。


最初に部分入れ歯を作ったのは20年前だった。
5本連続のブリッジがむし歯になり、歯を失った。
「入れ歯ですか?」
宣告されたときのショックは今でもよく覚えている。


恥ずかしいと思いながらも、入れ歯を作ることにした。
初めは嫌だったが、しばらくすると意外と慣れていった。
食べるのも、しゃべるのも、意外と問題なかった。


しかし、それから3年後入れ歯の留め金を引っ掛けていた歯がぐらついてきた。
歯石取り、固定、検診とできること継続してやってもらった。

それでも、支えの歯は数年に1本のペースでなくなっていった。


4年前、下の歯は前歯が4本を残すのみとなっていた。
このままだと総入れ歯になってしまう。


友人がインプラント治療をしたと聞いた。
どんなものなのか、専門の歯医者に行ってみることにした。
慣れた様子で治療計画を何通りか説明してくれた。
『歯がない部分全てにインプラントをするAプランはこちらです。』
・・・高い。クラウンが買えるじゃない。
んー、これがいいんだろうけど、さすがに厳しいかな。
『インプラントを3本して、磁石で入れ歯を固定するBプラン。』
うっ、これでもヴィッツくらいはするわね。
つい車で換算する習慣が出た。


家に帰って主人に相談すると
「俺なんて先月だけで20台プリウス売ってるんだぜ。」
と訳のわからない答えが返ってきた。
それって健康のためなら、エコのためなら、みんな投資しているよってこと?
見積もりを見比べながら「エイ」っと小型車両の方にサインをした。

歯の数が減ってくると、喪失の波はさらに早まります。
姑息な治療では長期安定は望めないでしょう。

小説を梯子されたい方は 最期にひとり想うことをご覧ください。

インプラント治療無料相談開催中 インプラント小冊子
昭和歯科医院

医療法人社団 朝菊会 昭和歯科医院

福岡県福岡市西区大字徳永大町913-1
筑肥線 九大学研都市駅 徒歩5分
福岡市天神から国道202号線で西に15km
糸島市筑前前原からは東に6kmです。
TEL 092-807-6912

平日 9:00~12:00 / 13:00~18:00
土  9:00~13:00
休診日 日・祝日

昭和歯科医院 歯ッピーカラフルライフ
昭和歯科医院公式facebook