あなたの欠損治療

初めての選択

福岡インプラント

「あなたの欠損治療」と銘を打って、できるだけ あなたご自身に近い状況におけるインプラント治療を イメージしていただこうとしています。

しかし、今まで歯についてあまり考えたことのない方 には難しいかもしれません。

そこで、短い小説にすることで、臨場感を持っていただこうと考えました。
すぐに読み切れる量なので、参考にしていただければ、幸いです。

初めての選択

生まれて初めて永久歯(親知らず以外)を失うときを想定したものです。  初めて歯を失ったときの状況です。


福岡インプラント

「この歯はレントゲンで見ると根っこが真っ二つに割れています。
痛みもあるようなので残念ながら抜くことをお勧しめます。
ただ、歯を抜いた後、そこに人工の歯を入れる治療が必要です。 2つ方法があるので検討して下さい。」


うわー、ついに抜歯か・・・
近い将来ダメになると説明はされていたけど。
少し怖いな。


でも、本当はその後の治療の方が心配。
歯みがき、結構がんばっていたと思うんだけど・・・


先生曰く、今回は歯みがきが悪いとかの問題よりも、歯にかかる継続的な力が原因で歯が悪くなったらしい。


インプラントにするか?ブリッジにするか?

実は5年前に欠損治療の選択については説明を受けていた。


素人の私が考えてもインプラントの方が良い治療ということはわかる。
しかし、問題は費用だ。


本当にそこまで投資する必要はあるのか?
初めは漠然とそんなふうに思った。


今までの人生で30万円以上の買い物なんて家と車ぐらい・・・
ん?、テレビもそれくらいしたかな?
テレビは毎日見るもんな、って歯も毎日使うか。
何といっても体の一部だもんな。
もしかして、車やテレビより長く使うことになるんだよな。


先10年と考えると、先生の話がフラッシュバックした。
「ブリッジも違和感が少なく、悪くない治療です。
ただ、たくさんのブリッジの予後を見てきて言えることがあります。
支える歯に負担がかかるため、10年後は新たに歯の欠損ができ、取り外し式の部分入れ歯になる可能性の覚悟が必要なようです。」


やっぱり、入れ歯は嫌だよな。
5年前から、なんとなく貯金はしてきた。
『あー、どうしよう。』
通帳を開きながら、ソファーに勢いよく寝転がった。

もちろん、皆さん迷い、悩まれると思います。
大切なのは、情報を早めに入手して、しっかり考えた結果であれば後悔は少ないということ。

小説を梯子されたい方は 余生を楽しく過ごすにはをご覧ください。

インプラント治療無料相談開催中 インプラント小冊子
昭和歯科医院

医療法人社団 朝菊会 昭和歯科医院

福岡県福岡市西区大字徳永大町913-1
筑肥線 九大学研都市駅 徒歩5分
福岡市天神から国道202号線で西に15km
糸島市筑前前原からは東に6kmです。
TEL 092-807-6912

平日 9:00~12:00 / 13:00~18:00
土  9:00~13:00
休診日 日・祝日

昭和歯科医院 歯ッピーカラフルライフ
昭和歯科医院公式facebook