あなたの欠損治療

むし歯で失った場合

福岡インプラント

「えっ、また、むし歯ですか?」
面倒だな。でも、治せばいいか。


実は・・・この考え方は甘いのです。


なぜなら、むし歯は不治の病です。
むし歯菌に感染した部分は 切除するしか治療法がありません。 よって、数回治療を行うと、 咬合に耐えられる歯質がなくなります。


それが、むし歯による歯の最期です。


歯の欠損理由として、最もインプラントを適応しやすいのが、むし歯によるものです。
理由は次の3つです。

1.抜歯後、歯槽骨が残りやすい。

福岡インプラント

むし歯は歯槽骨の吸収は起こしません。
だから、抜歯後に骨が減らないように対策をすれば、インプラントに必要な歯槽骨が残存しやすいです。
特にソケットプリザベーションや抜歯即時インプラントなら、歯槽骨の吸収を最小限に 抑えることができます。
詳しくは ソケットプリザベーション 抜歯即時インプラントをご参照ください。

福岡インプラント

歯周病はもともと歯槽骨の吸収があるので、インプラントに必要な歯槽骨が不足する傾向にあります。

2.抜歯窩に感染が残りにくい。

特に根尖性歯周炎や歯周病の場合は歯を抜いた跡に細菌感染が大きいことがしばしば あります。
もちろん、感染が消炎されるまで、インプラント体を埋入する1次手術はできません。


むし歯だけであれば、歯根膜を初めとする歯周組織に感染はありません。
だから、抜歯即時インプラントが適応しやすいと言えます。

 

3.インプラントはむし歯菌には影響を受けない。

インプラントがむし歯になることは決してありません。
だから、むし歯菌が多くて、むし歯になりやすい方でもインプラントは大丈夫です。 逆に、歯周病になりやすいタイプの方は注意が必要です。
インプラントの唯一の敵はインプラント周囲炎です。
これはインプラントにおける歯周病のことです。 詳しくは 歯周病で失った場合をご参照ください。

 

むし歯で歯を失った場合も単純にむし歯菌が多いとか、歯みがきがうまくいっていないとか、 でないこともあります。
歯周病で失う場合と同様に、力のバランスが崩れているかもしれません。

そんなときこそ、インプラント治療が最適だと言えるでしょう。

あなたのインプラント
歯を失った原因から欠損治療を考察した後は、 歯の欠損数から、最適な欠損治療を考えましょう。

インプラント治療無料相談開催中 インプラント小冊子
昭和歯科医院

医療法人社団 朝菊会 昭和歯科医院

福岡県福岡市西区大字徳永大町913-1
筑肥線 九大学研都市駅 徒歩5分
福岡市天神から国道202号線で西に15km
糸島市筑前前原からは東に6kmです。
TEL 092-807-6912

平日 9:00~12:00 / 13:00~18:00
土  9:00~13:00
休診日 日・祝日

昭和歯科医院 歯ッピーカラフルライフ
昭和歯科医院公式facebook