インプラントの種類

磁性インプラント

一般のインプラントではインプラント体の上部構造は歯と同様の形態になります。
磁性インプラントとは上部構造が磁性アタッチメントの一部になったものです。


取り外し式の入れ歯とのコンビネーションでコストパフォーマンスの高い、機能的なインプラント治療となります。

磁性インプラント

磁性アタッチメントとは磁石の力を利用して、入れ歯の維持、安定を図る装置のひとつです。
基本形態としては、入れ歯に磁石を埋め込み、これにくっつくキーパーと呼ばれる磁性ステンレス鋼を歯の根やインプラント体に土台として埋め込みます。

磁性インプラント

磁性インプラントの目的は入れ歯の安定です。 取り外し式の入れ歯には様々な問題点があります。
それを少ないインプラントで解決するのがこの治療の魅力です。

多数歯欠損における欠損治療については入れ歯との決別に詳しく書いてあります。


磁性インプラントを利用した取り外し式の入れ歯の利点は次の3つです。

1.入れ歯の動きが最小限になります。

入れ歯治療の際、最も重要なことは「入れ歯の動きを小さくすること」です。
入れ歯による歯ぐきの痛み、入れ歯を支える歯への負担を大きく軽減します。
残った歯を守ることが最大の利点です。

2.磁石式の入れ歯は取り外しが快適です。

クラスプ(針金)式の入れ歯は取り外しにコツが必要ある場合が多くあります。
磁石式の入れ歯では取り外しの方向を気にする必要がありません。
また、1度装着すれば、簡単には外れず、安定します。

3.クラスプ(針金)がないため、自然な見た目となります。

設計によりますが、磁性インプラントで充分、入れ歯を維持できれば、クラスプは必要ありません。
入れ歯は体の一部となるものなので、見た目も大切な要素となります。


磁性インプラントの症例を1例示します。 他にもご覧になりたい方は症例写真をご参照ください。


左下に2本磁性インプラントを利用しています。 右下には自分の歯に磁性アタッチメントをつけました。

取り外し式の入れ歯ですが、すっきりしたシンプルな構造です。 安定して、見た目にも優れた入れ歯ができました。

磁性インプラント

初診時です。
クラスプ(針金)式入れ歯を使用されていました。 クラスプを引っ掛ける歯がぐらつき出し、心配になられて、受診されました。

磁性インプラント

治療後、入れ歯を入れない状態です。 左下の2本が磁性インプラントです。

磁性インプラント

治療後、入れ歯を入れた状態です。
4つの磁石が入れ歯をしっかり維持することができました。 見た目もすっきしして、審美的です。

インプラント治療無料相談開催中 インプラント小冊子
昭和歯科医院

医療法人社団 朝菊会 昭和歯科医院

福岡県福岡市西区大字徳永大町913-1
筑肥線 九大学研都市駅 徒歩5分
福岡市天神から国道202号線で西に15km
糸島市筑前前原からは東に6kmです。
TEL 092-807-6912

平日 9:00~12:00 / 13:00~18:00
土  9:00~13:00
休診日 日・祝日

昭和歯科医院 歯ッピーカラフルライフ
昭和歯科医院公式facebook