インプラントの種類

抜歯即時インプラント

抜歯即時インプラント

抜歯即時インプラントとは保存不能歯を抜歯すると同時にインプラント体を埋入して、GBRを行う術式です。


目的は治療時間の短縮です。


抜歯後、抜歯窩が治癒してから、1次手術を行うのに比べ、2,3か月の時間短縮が見込めます。


インプラント治療を行う際、インプラント埋入位置は次の2つの状態が考えられます。

抜歯即時インプラント

歯がすでにない場合は骨の状態を診査後、インプラント埋入を行えます。 しかし、まだ、抜歯が必要な歯が残存している場合はそうはいきません。


抜歯即時インプラント

まず、保存不能歯を抜歯する必要があります。
そこには抜歯窩ができるため、大きな骨欠損ができます。 インプラントを埋入するには骨造成が必要になります。


この場合の骨造成には大きく分けて2つの方法があります。

1.ソケットプリザベーション

抜歯即時インプラント

抜歯窩に骨造成を行い、3か月後にインプラント埋入を行う方法です。
抜歯窩が大きい場合や感染している場合に適応します。
治療期間はかかりますが、より確実な方法といえます。

詳しくはソケットプリザベーションをご覧ください。

2.抜歯即時インプラント

抜歯窩に骨造成を行いながら、同時にインプラント埋入を行う方法です。
骨造成とインプラント埋入を同時に行うため、治療期間の短縮になります。
ただ、抜歯窩が大きくてインプラント体の初期固定が得られない場合は適応できません。 また、抜歯の原因が大きな感染の場合も適応できません。


骨欠損が大きく、メンブレンありのGBRが必要な場合は抜歯後、1~2週間軟組織の治癒のみを待ち、創が閉鎖できる環境を作ります。


詳しくはGBRをご覧ください。

抜歯即時インプラント

歯周病でぐらぐらだった右下5,6を抜歯して、即時インプラントを行いました。
抜歯窩とインプラント体の隙間には人工骨を入れ、骨造成をしました。


抜歯即時インプラントは治療時間の短縮にとても有効な方法です。
しかし、条件も厳しく、高い技術も必要になります。
少数歯欠損などで、時間の短縮があまり重要ではないケースもあります。
「時間は多少かかってもいいから、確実にやって欲しい。」と感じる方にはソケットプリザベーションを行い、待時でインプラント埋入をした方が良いと考えています。

インプラント治療無料相談開催中 インプラント小冊子
昭和歯科医院

医療法人社団 朝菊会 昭和歯科医院

福岡県福岡市西区大字徳永大町913-1
筑肥線 九大学研都市駅 徒歩5分
福岡市天神から国道202号線で西に15km
糸島市筑前前原からは東に6kmです。
TEL 092-807-6912

平日 9:00~12:00 / 13:00~18:00
土  9:00~13:00
休診日 日・祝日

昭和歯科医院 歯ッピーカラフルライフ
昭和歯科医院公式facebook