インプラント治療

症例写真

福岡インプラント

インプラント治療は「第3の永久歯」と言われています。
なぜなら、自分の歯とほぼ同じ、噛みやすさ、違和感の少なさ、見た目などの快適さを期待できるからです。


インプラント治療に限らず、初めはどんな患者さんでも、不安を抱えながら、当院に来院し、治療を始められます。
「痛くないのか?」「噛めるようになるのか?」
「きれいに仕上がるのか?」「長持ちするのか?」様々なことを考え、悩んでいることと思います。
そんな方々に1つの指針を示したく、アンケートを掲載しました。
皆様のご参考にしていただければ幸いです。
また、私たちもこのお言葉を受け、ときに喜び、ときに反省し、ときに感動し、日々の診療のレベルアップにつなげさせていただいています。


最後に、感想を書いていただいた方々には心から感謝いたします。

症例1 下顎左右のブリッジをインプラントにした症例

福岡インプラント

福岡インプラント

下顎左右第2小臼歯が先天欠損の患者さんです。
欠損治療として接着性インレーブリッジが入っていました。 主訴は左下のブリッジ支台歯のむし歯でした。


ブリッジの支台になっていた歯にはセラミックによる修復治療を行いました。
左下第2小臼歯部にインプラントを1本入れて、治療終了となりました。


4か月をインプラントの調子がよいため、反対側のブリッジもインプラントにしたいとの希望をいただきました。


福岡インプラント

左側と同様にブリッジの支台の修復後、 インプラント治療を行いました。
アストラテックインプラントを用いた1回法としました。
上部構造はセラミックアバットメントクラウンを適応しました。

 

 

福岡インプラント

症例2 予後不良のブリッジ支台歯を治療後、インプラントを行った症例

福岡インプラント

主訴はブリッジ部をインプラントによるやり換えと銀歯を審美的な冠へのやり換えでした。
レントゲンを撮ると左下の第2大臼歯にパーフォレーションからの感染による骨欠損①を認めました。
予後不良のケースですが、意図的再植による感染部の除去を行いました。
3か月後、骨の再生を認めた②ため、隣の第1大臼歯部分にインプラントを埋入しました。

福岡インプラント

今回は左下臼歯部のみ、インプラント治療及び、セラミック治療を行いました。
定期検診で様子を診ながら、他の部分も少しずつ治療を進めていく予定です。

福岡インプラント

症例3 妊娠5か月の患者さんに部分矯正治療を含めた全顎治療を迅速、安全に行った症例

福岡インプラント

出産予定日まで6か月の時点での初診でした。
大きなむし歯あり、歯の欠損あり、咬合不正ありと問題が多い状態でした。
出産後は忙しくなり、歯科に通うことが困難になるため、出産までに治療を終わらせたいとの希望でした。

5か月で全てが完了する治療計画を立てました。

福岡インプラント

矯正治療を行い、空隙を1箇所に集めました。 できた空隙にインプラントを埋入しました。

福岡インプラント

福岡インプラント

症例4 磁性インプラントと部分入れ歯のコンビネーションで快適性を得た症例

福岡インプラント

上下顎に取り外し式の部分入れ歯を入れていました。
入れ歯を引っ掛ける歯が締め付けられ、違和感が強いことが主訴でした。
右下のブリッジの支台歯は折れたり、歯周病が進行したりしていました。

上顎はインプラント治療で固定式に、下顎は磁性インプラントで入れ歯を安定させる治療計画を立てました。

福岡インプラント

上顎右側第1大臼歯部は上顎洞が下がっており、骨量が不足していたため、ソケットリフトを適応して、インプラントを埋入しました。

福岡インプラント

福岡インプラント

下顎はマグネットデンチャーとなりました。
右下のブリッジを除去して、自分の歯にマグネットをつけました。
左下は歯がないので、インプラントを入れ、マグネットをつけました。

福岡インプラント

福岡インプラント

症例5 咬合不正で噛みにくかった奥歯をインプラントで解消した症例

福岡インプラント

福岡インプラント

左の奥歯が噛みにくいため、インプラント治療を希望された患者さんです。
また、左下親知らずが舌の側面に当たり、常に違和感があるとのことでした。
咬合になり、舌への刺激にもなっている親知らずを抜歯し、左下第2大臼歯部にインプラントを埋入しました。


右下は破折した歯を抜歯後、抜歯即時インプラントを行いました。

 

インプラント治療が終了後、前歯の冠が割れたということで、上顎前歯はセラミックによる審美修復治療を行いました。

福岡インプラント

症例6 前歯を含めた重度むし歯による欠損治療を インプラントと歯牙移植で行った症例

福岡インプラント

重度むし歯により、保存不能の歯が3本、すでに欠損している歯が1本ありました。
4本の欠損治療が必要な状態でした。

左下の第1,2大臼歯は親知らずを移植することにしました。
親知らずの移植は保険治療なので、非常にコストパフォーマンスの高い治療になります。

福岡インプラント

福岡インプラント

右下第2大臼歯部と右上側切歯はインプラント治療となりました。
前歯のインプラントは奥歯に比べ、審美的要求も高くなるため、診断、技術が シビアになります。

遠心の歯ぐき(歯間乳頭)が少し足りないですが、違和感なく、仕上がりました。

 

福岡インプラント

症例7 両側下顎奥歯が崩壊した状態を2本のインプラントで回復した症例

福岡インプラント

右下第1大臼歯の冠が脱離し、食べにくくなったため、インプラント治療を希望で受診されました。
左下は無理な設計のブリッジが入っており、2次カリエスを伴う半脱離の状態でした。

福岡インプラント

右下第1大臼歯には親知らずの歯牙移植を適応し、右下第2大臼歯、左下第1大臼歯にはインプラントとしました。

左上下は第2大臼歯がない短縮歯列になっていますが、安定した状態を得られました。

福岡インプラント

症例7 インプラント、矯正、マグネットデンチャー、再生療法など全顎治療を行った症例

力のアンバランスと歯周病で始まった咬合崩壊をインプラント、矯正、マグネットデンチャー、再生療法など全顎治療を行った症例

福岡インプラント

右下第1大臼歯の冠が脱離し、食べにくくなったため、インプラント治療を希望で受診されました。
左下は無理な設計のブリッジが入っており、2次カリエスを伴う半脱離の状態でした。

右下第1大臼歯には親知らずの歯牙移植を適応し、右下第2大臼歯、左下第1大臼歯にはインプラントとしました。
左上下は第2大臼歯がない短縮歯列になっていますが、安定した状態を得られました。

福岡インプラントインプラントの痛み

インプラント治療無料相談開催中 インプラント小冊子
昭和歯科医院

医療法人社団 朝菊会 昭和歯科医院

福岡県福岡市西区大字徳永大町913-1
筑肥線 九大学研都市駅 徒歩5分
福岡市天神から国道202号線で西に15km
糸島市筑前前原からは東に6kmです。
TEL 092-807-6912

平日 9:00~12:00 / 13:00~18:00
土  9:00~13:00
休診日 日・祝日

昭和歯科医院 歯ッピーカラフルライフ
昭和歯科医院公式facebook