インプラント治療

入れ歯との違い

インプラントと入れ歯

歯の欠損治療は大きく分けると3つあります。
インプラント、ブリッジ、取り外し式の入れ歯です。


この3つの治療法を比較していきます。
一口に欠損治療と言っても、欠損の数、場所で治療は大きく変わります。


インプラントとブリッジの比較はブリッジとの違いをご参照ください。

ここでは2本連続欠損の場合を考えます。
治療選択はインプラントか取り外し式の入れ歯となります。


インプラントと取り外し式の入れ歯の特徴を順番に説明します。

インプラント

インプラントと入れ歯

失った歯がほぼ元通り蘇るといえる治療法です。 長期間の安定を期待でき、違和感もありません。


最大の魅力は、ブリッジや取り外し式の入れ歯が他の自分の歯に負担をかける治療であるのに対して、インプラントは他の自分の歯の寿命を伸ばすという点です。


インプラントが大きな支えとなり、口全体が安定した予後に向うことを期待できます。


また、適応症が広く、1本欠損から多数歯欠損まで様々な治療法があります。
しかし、保険外治療となるため、治療費が比較的高額となります。


単純に「歯が1本いくら」ということではなく、 それを得ることによってもたらされる人生の幸福感、 例えば、
「快適な食事」
「入れ歯のわずらわしさからの決別」
「長期的な安定」
これらにどれだけ価値を見出せるかだといえるでしょう。


【利点】


【留意点】

取り外し式の入れ歯

インプラントと入れ歯

取り外し式の入れ歯は適応症が広く、容易な治療で済むことが魅力です。
しかし、最大の欠点は「異物感」です。
「何か入っている」という違和感が強く、食べにくさ、しゃべりにくさがつきまといます。
また、咬み合わせが変わりやすいので定期的な調整が必要になります。
咬み合わせの合っていない入れ歯を使い続けると残っている自分の歯に負担がかかり、歯の寿命を著しく縮めることになるので、注意が必要です。

インプラントと入れ歯

【利点】


【留意点】

具体例を挙げて、インプラントと取り外し式の入れ歯の長短期間的な違いを説明します。

具体例

53歳 ブリッジの支台歯が歯根破折のため、予後不良となり、左側下顎第1,2大臼歯の2本連続欠損になった場合


36歳のとき、左側第1大臼歯を抜歯しました。


原因は難治性の根尖性歯周炎です。 8年間の断続的な治療の結果の抜歯でした。
同歯は残根状態で経過していたため、周囲の歯が病的移動をして、咬合不正を併発していました。


このときの治療提案は2種類ありました。
1つは矯正治療にて咬合不正を治療後、欠損治療としてインプラントをするものでした。
もう1つは、咬合不正はそのままで、欠損治療としてブリッジをするものでした。
後者を選択して、治療を行いました。

インプラントと入れ歯

治療後、噛み合せに多少の違和感はありました。 しかし、徐々に気にならなくなりました。
歯の大切さを実感したので、3か月に1度、定期検診に通うようになりました。


インプラントと入れ歯

10年間、自覚症状は全くありませんでした。
しかし、ブリッジの支台歯であり、傾いている左側下顎第2大臼歯を支える歯槽骨が徐々に吸収していきました。


47歳のとき、同歯の歯ぐきが腫れ、膿が出る症状が出ました。
ブリッジの適合もだいぶ甘くなってきたため、ブリッジを外し、もう一度歯周病治療を行うことにしました。

 


インプラントと入れ歯

左側下顎第2大臼歯は歯周外科まで行いましたが、4mmの歯周ポケットと動揺度1が残りました。
11年前と同じ2つの治療提案がありましたが、また同じくブリッジを選択しました。


引き続き、定期検診にはきちんと通いました。
治療後は一層歯みがきに気を遣いました。

 


インプラントと入れ歯

53歳のとき、左側下顎第2大臼歯の歯ぐきが腫れ、痛みも伴いました。
レントゲン検査の診断は根尖性歯周炎か歯根破折でした。
ブリッジを除去し、同歯は土台も外しました。
根管を拡大ルーペで視診すると、縦に大きく割れた破折クラックを認め、そこからの排膿がありました。


保存不能となり、左側下顎第2大臼歯は抜歯となりました。


ここで、左側下顎第1,2大臼歯が2本連続欠損となり、治療提案を2つされました。

1. 部分矯正による咬合不正の改善、 並びにインプラントによる欠損治療にする場合

インプラントと入れ歯

理想的な治療となります。
左側下顎第1大臼歯を失う前の状態とほとんど同じにすることができます。


病的移動している歯を部分矯正にて整直、圧下して、元の状態に戻します。
治療期間は1年です。

 


インプラントと入れ歯

左側下顎第2大臼歯は抜歯と同時にソケットプリザベーションを行います。

3か月後に2本インプラント埋入処置をします。
治療期間は5か月です。
左側第2小臼歯はセラミック冠で補綴をします。
並行して行うため、全治療期間は1年で、治療費用は105万円です。

2. 咬合不正はそのままで、欠損治療として、取り外し式の入れ歯をする場合

インプラントと入れ歯

左側下顎第2大臼歯を抜歯後1か月で、取り外し式の入れ歯製作用の型を採ります。

治療期間は2か月です。


ここまで読まれたら、もう一度、このページの初めをご覧ください。
是非、インプラントと取り外し式の入れ歯の利点と留意点を見直してみてください。

インプラント治療無料相談開催中 インプラント小冊子
昭和歯科医院

医療法人社団 朝菊会 昭和歯科医院

福岡県福岡市西区大字徳永大町913-1
筑肥線 九大学研都市駅 徒歩5分
福岡市天神から国道202号線で西に15km
糸島市筑前前原からは東に6kmです。
TEL 092-807-6912

平日 9:00~12:00 / 13:00~18:00
土  9:00~13:00
休診日 日・祝日

昭和歯科医院 歯ッピーカラフルライフ
昭和歯科医院公式facebook