インプラント治療

ブリッジとの違い

インプラントブリッジ

歯の欠損治療は大きく分けると3つあります。
インプラント、ブリッジ、取り外し式の入れ歯です。


この3つの方法を比較していきます。
一口に欠損治療と言っても、欠損の数、場所で内容は大きく変わります。


インプラントと取り外し式の入れ歯の比較は入れ歯との違いをご参照ください。


ここでは少数歯の中間欠損の場合を考えます。
選択はインプラントかブリッジとなります。

インプラントとブリッジの特徴を見ていきましょう。

インプラント

インプラントブリッジ

失った歯がほぼ元通り蘇るといえる治療法です。 長期間の安定を期待でき、違和感もありません。


最大の魅力は、ブリッジや取り外し式の入れ歯が他の自分の歯に負担をかける治療であるのに対して、インプラントは他の自分の歯の寿命を伸ばすという点です。


インプラントが大きな支えとなり、口全体が安定した予後に向うことを期待できます。


インプラントブリッジ歯を失うような状態の場合、他の歯も歯周病があったり、すでに神経がなかったりします。
歯の喪失の波を抑えられるのは根本治療であるインプラントだけです。


また、適応症が広く、1本欠損から多数歯欠損まで様々な状況に適応できます。
しかし、保険外治療となるため、費用が比較的高額となります。

 

単純に「歯が1本いくら」ということではなく、それを得ることによってもたらされる人生の幸福感、 例えば、
「快適な食事」
「入れ歯のわずらわしさからの決別」
「長期的な安定」
これらにどれだけ価値を見出せるかだといえるでしょう。


【利点】


【留意点】

ブリッジ

インプラントブリッジ

1欠損の場合は、比較的選択しやすいバランスの取れた治療法です。
特に前歯のように力があまりかからない部分で、隣接歯にすでに冠が被っている場合は優れています。
しかし、力のかかる奥歯や隣接歯が天然歯の場合、または隣接歯が力の負担に耐えられない場合はリスクが高くなります。
違和感が少ないので見落としがちですが、隣接歯に確実に負担をかけることになるので、長期的には隣接歯を失う可能性が高くなります。

インプラントブリッジ

 

【利点】

【留意点】

より具体的に症例を2つ挙げて、インプラントとブリッジの長短期間的な違いを説明します。

症例1 36歳 難治性根尖性歯周炎により左側下顎第1大臼歯を喪失した場合

16歳のときに左側下顎第1大臼歯に歯髄炎(神経に達するむし歯)を起こしました。 神経を取る処置を行い、金属の被せものを入れました。

インプラントブリッジ

5年後の21歳時、その被せものが外れました。 しかし、痛みもなく、不自由もなかったため、放置していました。


インプラントブリッジ

23歳時、同歯の歯ぐきが腫れ、痛みがでました。
根尖性歯周炎の診断の下、土台を外し、感染根管治療を行いました。
腫れはなかなかひかず、治療は半年ほどかかりました。
歯科医からは歯の根っこの形が複雑なため、完治は難しいかもしれないと言われました。


しばらくは良かったのですが、28歳時、同歯に今までにない激しい痛みを感じました。
再び、冠をはずし、感染根管治療を行いました。
しかし、完全に違和感がなくなることはなく、通院が途切れたり、歯科を変えたりしながら、
過ごしました。


インプラントブリッジ

36歳、左側上顎第1臼歯に詰めてあった小さな銀の詰め物が外れたため、 歯科医院に行きました。
外れた詰め物は再装着ができましたが、 左側の咬合不正を指摘されました。
左側下顎第1大臼歯の冠を外したまま、 放置していることから起こるものでした。
同歯は保存不可能という診断でした。

治療選択を2つ示されました。


1.部分矯正による咬合不正の改善、並びにインプラントによる欠損治療にする場合

インプラントブリッジ

理想的な治療となります。
左側下顎第1大臼歯が悪くなる前の状態、いわば15歳以前の状態とほとんど同じにすることができます。


病的移動している歯を部分矯正にて整直、圧下して、元の状態に戻します。
治療期間は1年です。
左側下顎第1大臼歯は抜歯と同時にソケットプリザベーションを行います。
3か月後にインプラント埋入処置をします。 治療期間は5か月です。
並行して行うため、全治療期間は1年で、治療費用は60万円です。


2.保存不可能歯を抜歯後、咬合不正はそのままで、欠損治療をブリッジとする場合

インプラント福岡

全てを保険診療で賄われている治療の範囲で行う場合です。


左側下顎第1大臼歯を抜歯します。
左側下顎第2大臼歯は傾いているため、ブリッジにするためには神経を取る処置が
必要になります。
左側下顎第2小臼歯とともに支台歯形成を行い、ブリッジを製作します。
治療期間は2か月です。


36歳のこの時点から、どんな予後が予想されるか、お知りになりたい方は 入れ歯との違いをご参照ください。

症例2 54歳 重度歯周病にて左側第1大臼歯を喪失した場合

インプラントブリッジ

若い頃から、むし歯が多く、 奥歯の多くは神経を取った被せものの状態でした。


45歳のとき、左側下顎第1,2大臼歯(奥歯2本)が動揺するのを自覚しました。
歯科医院に行くと、中程度から重度の歯周病という診断でした。
4か月間の歯周病治療で病状は安定しましたが、歯の動揺は少し残りました。
咬合力に抵抗するために奥歯3本を連続冠にしました。
動いていた歯が固定され、非常に食べやすくなりました。

インプラントブリッジ

その後7年ほどした頃から、 左下奥歯の歯ぐきに違和感を感じることがありました。


54歳のとき、左側下顎第1大臼歯の周囲の歯ぐきに痛みを伴う大きな腫れを感じました。
9年ぶりに歯医者に行きました。
レントゲンを撮ると、同歯を支える歯槽骨の著しい吸収を認めました。
重度の歯周病のため保存不能の診断の下に3本を固定していた連続冠を除去しました。
予想通り、同歯はぐらぐらで指でも抜けるような状態でした。

インプラント福岡

今後の欠損治療について2つの治療選択を示されました。

 

1.歯周病治療、並びにインプラントによる欠損治療にする場合

インプラント福岡

現状では理想的な治療となります。


まず、残存歯の歯周病治療を行います。 そして、欠損部にはインプラント治療を行います。
歯周病で弱っている歯を守るために最適の治療となります。
また、被せものは精密でプラークの付きにくいセラミック冠にしました。
治療期間は3か月で、治療費用は55万円です。

2.歯周謬治療を行い、欠損治療をブリッジとする場合

インプラント福岡

全てを保険診療で賄われている治療の範囲で行う場合です。


①と同様、残存歯の歯周病治療を行います。
欠損治療は第2小臼歯と第2大臼歯を支台歯とするブリッジとしました。
歯周病に罹患している歯のため、近い将来、支台歯が予後不良になる可能性が高いです。
治療期間は2か月です。


欠損部以外の残存歯に問題がある場合、インプラントの優位性がさらに発揮されることになります。
歯を失う経過を考え、長期的思考の下、治療を選択されることをお勧めします。

インプラント治療無料相談開催中 インプラント小冊子
昭和歯科医院

医療法人社団 朝菊会 昭和歯科医院

福岡県福岡市西区大字徳永大町913-1
筑肥線 九大学研都市駅 徒歩5分
福岡市天神から国道202号線で西に15km
糸島市筑前前原からは東に6kmです。
TEL 092-807-6912

平日 9:00~12:00 / 13:00~18:00
土  9:00~13:00
休診日 日・祝日

昭和歯科医院 歯ッピーカラフルライフ
昭和歯科医院公式facebook