インプラント治療

セラミックアバットメントクラウン

セラミックアバットメントクラウンとは上部構造のセラミッククラウンとアバットメントが一塊になったインプラント用補綴物です。
インプラントに何かしらの問題が起こる場合、インプラント体より上部構造やアバットメントに起こる方が圧倒的に多いです。
そこで考えられたのが、セラミックアバットメントクラウンです。


まずは特徴的な構造を説明しましょう。

インプラント治療

上部構造が1ピースのシンプル構造になることによって、様々な恩恵があります。

セラミックアバットメントクラウンの利点と留意点を説明します。


【利点】

1.スクリュー固定は着脱しやすいため、メインテナンスがしやすくなります。

セメント固定式の場合、上部構造を外し、清掃するのに大きな力がかかりやすいです。
ネジが緩んだり、上部構造が破折したりしたときも、スクリュー固定式の方が、着脱が簡単で扱いやすくなります。


2.セメント固定タイプに比べ、安価に提供できます。

アバットメントと上部構造の2つが必要なのと、アバットメントクラウン1つだけでよいのとではコストが変わってきます。
しかも、安かろう悪かろうではなく、よりメリットが多い優れたシステムであることを強く強調します。


3.セメントの取り残しの心配がないため、安全度が高いです。

セメントを使って、上部構造を接着する場合、セメントの除去がポイントになります。
上部構造が歯ぐきの下まで入り込むケースの場合はセメント除去が非常に困難です。
セメントの取り残しは炎症を引き起こす原因となるため、注意が必要です。
セメントを使わない、アバットメントクラウンなら、その心配が要りません。

【留意点】

1.基本的には単独植立インプラントに適応となります。

1本1本をネジ留めでつけるシステムのため、現在、連続冠には適応していません。
インプラントブリッジの場合はセメント固定式か、スクリュー固定式でも違ったシステムを使用することになります。


2.アクセスホールがあるため、前歯のインプラントには不向きな場合が多いです。

ネジ留めとなるため、ネジ穴(アクセスホール)が存在します。
アクセスホールは歯と同色のプラスチックできちんと埋めるため、きれいです(右画像)。
しかし、アクセスホールが前歯の唇面に出ると審美的に問題が出ます。
その場合は適応ができなくなります。

インプラントアバットメント

Aは従来通りのセメント固定式上部構造です。 アクセスホールの代わりに小さなノブ(←)が付きます。
Bはアバットメントクラウンです。
右画像はアクセスホールをレジンにて埋めた状態です。

インプラント治療無料相談開催中 インプラント小冊子
昭和歯科医院

医療法人社団 朝菊会 昭和歯科医院

福岡県福岡市西区大字徳永大町913-1
筑肥線 九大学研都市駅 徒歩5分
福岡市天神から国道202号線で西に15km
糸島市筑前前原からは東に6kmです。
TEL 092-807-6912

平日 9:00~12:00 / 13:00~18:00
土  9:00~13:00
休診日 日・祝日

昭和歯科医院 歯ッピーカラフルライフ
昭和歯科医院公式facebook