あなたの欠損治療

サイナスリフト

インプラント治療を行う際、インプラントを入れる骨の高さが足りない場合があります。
足りない頻度が最も多いのは、上顎大臼歯部です。
高さが10mm以上あるのは20~30%くらいではないかと考えています。


その原因は上顎洞にあります。

サイナスリフト

そこで上顎洞を挙上する骨造成が必要になります。 上顎洞を挙上する処置には2つのやり方があります。
サイナスリフトとソケットリフトです。


ここではサイナスリフトの説明をします。 サイナスリフトとはサイナス(Sinus:上顎洞)をリフト(Lift:挙上)する骨造成法です。
広義的にはソケットリフトもサイナスリフトになります。
違いはどこから上顎洞にアクセスするかです。
ソケットリフトはインプラント窩から垂直的に上顎洞を挙上します。
サイナスリフトは上顎洞に横から穴を開け、人工骨を詰め込みます。

サイナスリフト

サイナスリフトの利点は1回の処置で、広範囲に大量の骨造成ができることです。
広い範囲で上顎洞に骨造成が必要な場合、適応となります。
ソケットリフトに比べ、侵襲が大きくなる傾向にあります。


症例を供覧します。
左上6の欠損において、左上⑤6⑦のブリッジで欠損治療がしてありました。
しかし、支台歯の左上5が負担過多により、歯根破折を起こし予後不良となりました。

サイナスリフト

上顎洞がかなり大きく、特に左上6部にはほとんど骨がないのがわかります。
左上5の抜歯、ソッケトプリザベーションとサイナスリフトを行いました。

サイナスリフト

サイナスリフトにより5gの人工骨を充填して、骨の高さを15mmにしました。
3か月待ち、骨がある程度置換するのを待ちます。


サイナスリフト

直径4.7mmで長さ10mmと12mmのインプラントを埋入しました。

 

サイナスリフト前とインプラント埋入3年後のCTの比較です。

サイナスリフト

サイナスリフトは患者さんによっては非常にやりにくく、侵襲が比較的大きい処置です。
だから、最近、私はステージアプローチになるような骨の少ない症例でも、ソケットリフトで対処することが多いです。
一気に大量の骨造成が必要なときだけに留めています。


治療費用については 骨造成の費用 をご覧ください。

インプラント治療無料相談開催中 インプラント小冊子
昭和歯科医院

医療法人社団 朝菊会 昭和歯科医院

福岡県福岡市西区大字徳永大町913-1
筑肥線 九大学研都市駅 徒歩5分
福岡市天神から国道202号線で西に15km
糸島市筑前前原からは東に6kmです。
TEL 092-807-6912

平日 9:00~12:00 / 13:00~18:00
土  9:00~13:00
休診日 日・祝日

昭和歯科医院 歯ッピーカラフルライフ
昭和歯科医院公式facebook