あなたの欠損治療

スクリューフォーマー

スクリューフォーマー

スクリューフォーマーとは細い骨を中心から押し広げ、インプラント体を入れるスペースを作る方法です。


人工骨を使わない、低侵襲の処置です。
よって、私は好んでよく使うテクニックです。
時間はかかりますが、大きな処置、例えばGBRなどを回避できる可能性が高くなります。


一般的に言われるオステオトームテクニックとほぼ同じスキルです。


骨の状態により、スクリューフォーマーとオステオトームを使い分けて行います。

スクリューフォーマー

骨は硬組織ですが、弾性があります。
特に上顎の骨は皮質骨が薄く、海綿骨が多いため、広がりやすいです。
わかりやすい言い方をすれば、少しずつ「ねじあける」という表現の処置です。


モデルは上顎第1小臼歯部です。
骨の高さは充分ですが、幅が狭く、骨幅5mmに直径4mmのインプラントを入れる場合です。


スクリューフォーマー

骨幅5mmに直径4mmのインプラント。
入りそうな気がしますか?
実際は頬舌側に骨を0.5mmずつ残して骨に穴を開けることは不可能です。
薄い骨は簡単にはじけ飛んでしまいます。
そこで、スクリューフォーマーの登場です。

 

スクリューフォーマー

まずは、細いドリルで所定の深さまで、小さく深い穴を掘ります。
直径1.6mmのドリルを使うことが多いです。


穴は小さいですが、位置と方向、深さは重要なので慎重に行います。

スクリューフォーマー

直径1.6mmの穴に直径2mmのスクリューフォーマーの先端を入れ、ねじ入れていきます。
2mm→2.5mm→3mm→3.5mm→4mmと径を少しずつ大きくします。


押し広げることにより、頬舌側の骨を温存しながら、穴だけを大きくできます。 それだけではなく、周囲骨の骨密度も上がり、インプラント治療に有利な状態を作ります。
手間はかかりますが、一石二鳥の処置といえます。


治療費用については骨造成の費用 をご覧ください。

インプラント治療無料相談開催中 インプラント小冊子
昭和歯科医院

医療法人社団 朝菊会 昭和歯科医院

福岡県福岡市西区大字徳永大町913-1
筑肥線 九大学研都市駅 徒歩5分
福岡市天神から国道202号線で西に15km
糸島市筑前前原からは東に6kmです。
TEL 092-807-6912

平日 9:00~12:00 / 13:00~18:00
土  9:00~13:00
休診日 日・祝日

昭和歯科医院 歯ッピーカラフルライフ
昭和歯科医院公式facebook