あなたの欠損治療

GBR

GBRとはGuided Bone Regeneration、骨再生誘導法です。
広義ではインプラントのための骨造成は全てGBRです。


しかし、現在では骨造成も多様化したため、サイナスリフトやソケットリフト、ソケットプリザベーションなどに分類されるようになりました。


狭義のGBRは主にメンブレンと言われる人工膜を使って、外向性に骨造成する処置です。
メンブレンには様々な種類があり、次々と改良されたものが開発されています。
非吸収性、吸収性、チタンメッシュ、生体膜や膜を使わない方法なども最近はあります。

GBR

ここでは当院で一般的に行うGBRを説明します。

2種類に分けて、話します。

1.インプラント埋入同時GBR

GBRをインプラント埋入時に同時に行う方法です。 足りない骨がそれほど多くない場合、適応となります。

歯を抜いた部位は経年的に骨が吸収していきます。 特に前歯~小臼歯部が骨の幅が不足することが多いです。


モデルは下顎第1小臼歯部の欠損です。


GBR

CT検査による診断で、GBRが必要か術前に決めておきます。


骨幅が狭いため、インプラントを埋入するだけの充分な骨がない状態です。
骨幅は少ないですが、骨の高さはあります。

 

GBR

粘膜骨膜を剥離後、通法どおり、理想的位置、方向にインプラント体を埋入しました。


基部には骨幅があるので、インプラント体の下方部で初期固定を得ることができました。
しかし、上方部では骨が足りなく、インプラント体がむき出しになっています。

 

GBR初期固定(インプラント体が骨に固定されて動かないこと)が得られれば、基本的には同時GBRを行います。


インプラント体のねじ山を覆うように人工骨を充填します。


軟組織の進入を防ぐため、骨をそこに留まらせるため、また、形態を保持するために各種メンブレンを利用します。

メンブレンを含め、完全に被覆するように縫合します。

 

GBR

3~6か月である程度人工骨が自分の骨に置き換わります。
2次手術に移行します。

 

2.ステージアプローチGBR

骨量が大きく不足する場合、骨造成とインプラント埋入を別々に行います。
それがステージアプローチです。


特に骨の高さを造成する場合はチタンメッシュや骨ピンを使い、ステージアプローチとなります。


モデルは第1,2大臼歯の2本連続欠損です。
骨の高さがなく、下顎管までの距離が近いため、GBRが必要となります。


GBR

垂直的な骨造成は最も困難とされています。
各メーカー1番短いインプラントのラインアップは8mmが多いです。


取り外し式の入れ歯で長年刺激されていると、著しく骨吸収が進行します。

 

GBR

垂直に造成するにはチタン入りメンブレンやチタンメッシュを用いて、潰れないスペースを作ることが必要です。
メンブレンが動かないよう骨ピンで留めます。


骨ができる3~6か月ほどは取り外し式の入れ歯は使用できません。

 

GBR3~6か月後、メンブレンを除去すると同時にインプラント埋入を行います。


ステージアプローチになると治療期間は2倍以上になることもしばしばです。

 

インプラントの素材や技術が発展して、必ずしもGBRが必要にならないことが増えてきました。
GBRを行うと治療侵襲、治療期間、治療費用、いずれも負担が大きくなります。 私はできるだけ工夫して、シンプルな術式になるよう心がけています。
しかし、どうしてもGBRが必要な症例はあります。
そのときでも、常に最小侵襲、最大効果を考えて計画を練り、処置を行っています。


治療費用については 骨造成の費用 をご覧ください。

インプラント治療無料相談開催中 インプラント小冊子
昭和歯科医院

医療法人社団 朝菊会 昭和歯科医院

福岡県福岡市西区大字徳永大町913-1
筑肥線 九大学研都市駅 徒歩5分
福岡市天神から国道202号線で西に15km
糸島市筑前前原からは東に6kmです。
TEL 092-807-6912

平日 9:00~12:00 / 13:00~18:00
土  9:00~13:00
休診日 日・祝日

昭和歯科医院 歯ッピーカラフルライフ
昭和歯科医院公式facebook