あなたの欠損治療

福岡県福岡市西区の昭和歯科医院における日常のインプラント診療をご紹介します。日常臨床

インプラントはいまやたまにしかない、特別な人のための治療ではありません。

昭和歯科医院ではインプラントが入っている人が来ない日はほとんどないです。

それほどたくさんの口の中で活躍しています。

インプラント治療をより身近に感じていただくために私の日常臨床を少しずつ紹介します。

どうしても一部、生々しい画像が出てきてしまいます。

できるだけ配慮して、画像を選んだり、加工を加えたりしています。

苦手な方は目をそらす準備をしながらご覧下さい。

(注)画像の上にマウスを置くと実際の画像が出ます。

スキャロップを意識して行った1次オペ

インプラント治療において、見た目や清掃性に大きく関与するのが軟組織マネジメントです。

1番重要なのはインプラントのフィクスチャーのポジションです。

しかし、それが決定したら、操作できるのは軟組織だけになります。

見た目と清掃性、メインテナンスのしやすさを求めることはとても大事です。

 

矯正治療中の患者さんです。

矯正治療がほぼ終わり、歯の位置が決まったので、インプラントを行いました。

左上4,5部位です。

治療前

矯正治療にて14mmのスペースを設けています。

CT精査により、骨は十分あることを確認しています。

スキャロップ切開

歯間乳頭を保存する切開線を入れました。

この処置の特徴がこの切開線です。

ガイドピン試適

矯正治療中だったので、サージカルガイドを作成できなかったので、フリーハンドで行いました。

それでも、適正な位置に平行に形成できているのが分かります。

ファイナルドリル

ファイナルドリル終了時です。

右上4,5いずれも直径4.0mmのドリリングを行いました。

1回法

付着歯肉を頬側に移動させて縫合しました。

上顎ですが、今回は1回法の術式をとりました。

歯間部の歯肉は保存されました。

頬側の歯肉は厚いため、成熟したころ、薄くする予定です。

6週後に仮歯が入ります。

 

インプラント治療無料相談開催中 インプラント小冊子
昭和歯科医院

医療法人社団 朝菊会 昭和歯科医院

福岡県福岡市西区大字徳永大町913-1
筑肥線 九大学研都市駅 徒歩5分
福岡市天神から国道202号線で西に15km
糸島市筑前前原からは東に6kmです。
TEL 092-807-6912

平日 9:00~12:00 / 13:00~18:00
土  9:00~13:00
休診日 日・祝日

昭和歯科医院 歯ッピーカラフルライフ
昭和歯科医院公式facebook