あなたの欠損治療

福岡県福岡市西区の昭和歯科医院における日常のインプラント診療をご紹介します。日常臨床

インプラントはいまやたまにしかない、特別な人のための治療ではありません。

昭和歯科医院ではインプラントが入っている人が来ない日はほとんどないです。

それほどたくさんの口の中で活躍しています。

インプラント治療をより身近に感じていただくために私の日常臨床を少しずつ紹介します。

どうしても一部、生々しい画像が出てきてしまいます。

できるだけ配慮して、画像を選んだり、加工を加えたりしています。

苦手な方は目をそらす準備をしながらご覧下さい。

(注)画像の上にマウスを置くと実際の画像が出ます。

セレックガイドを用いた2本症例

インプラント治療において、最も重要なことは何かと問われたら、

私は迷わず、「インプラントポジション」と答えます。

見た目、清掃性、予後の良さ、すべてがポジションに依存します。

どのポジションに設定するかは知識ですが、その通りするにはサージカルガイドが必要になります。

 

今回の症例は右上5,6に2本インプラントです。

元々はアタッチメント付きの取り外し式入れ歯が入っていました。

治療前にCTとセレックでサージカルガイドを作成しました。

治療前

右上5~7が欠損している状態です。

治療前にCTにてシュミレーション済みなので、骨の状態は把握しています。

骨膜剥離

セレックガイドを合わせて、必要最低限の切開を加えます。

骨と歯肉に余裕があればフラップレスでもできますが、今回は剥離しました。

セレックガイド

今回はセレックガイドを使用しました。

ハンドルを換えながら太さの違う形成を行います。

ファイナルドリル

ファイナルドリル終了時です。

右上5は4.0mm、右上6は5.0mmとなりました。

フィクスチャー埋入

ガイドは非常に優れていますが、最後は目で確認します。

フィクスチャーの頭が骨縁に入っているのがわかります。

ヒーリングアバットメント

今回は即時負荷の予定だったので、しっかりトルクを聞かせています。

ヒーリングアバットメントの上に仮歯を作成しました。

治療後CT

治療後にCTにて予定通りに入っているか確認します。

初めに重要といったポジションにしっかり入りました。

 

インプラント治療無料相談開催中 インプラント小冊子
昭和歯科医院

医療法人社団 朝菊会 昭和歯科医院

福岡県福岡市西区大字徳永大町913-1
筑肥線 九大学研都市駅 徒歩5分
福岡市天神から国道202号線で西に15km
糸島市筑前前原からは東に6kmです。
TEL 092-807-6912

平日 9:00~12:00 / 13:00~18:00
土  9:00~13:00
休診日 日・祝日

昭和歯科医院 歯ッピーカラフルライフ
昭和歯科医院公式facebook