あなたの欠損治療

福岡県福岡市西区の昭和歯科医院における日常のインプラント診療をご紹介します。日常臨床

インプラントはいまやたまにしかない、特別な人のための治療ではありません。

昭和歯科医院ではインプラントが入っている人が来ない日はほとんどないです。

それほどたくさんの口の中で活躍しています。

インプラント治療をより身近に感じていただくために私の日常臨床を少しずつ紹介します。

どうしても一部、生々しい画像が出てきてしまいます。

できるだけ配慮して、画像を選んだり、加工を加えたりしています。

苦手な方は目をそらす準備をしながらご覧下さい。

(注)画像の上にマウスを置くと実際の画像が出ます。

抜歯の粘膜治癒後に早期GBRと1次オペ

当院で行うインプラントで典型的なケースです。

むし歯由来で最も早期に失うのは下顎の第1大臼歯です。

6歳に生えてくるため、1番「年上奈な歯」といえます。

しかも、奥歯なので、力の負担も大きく、他の歯より先に力尽きることが多くなります。

 

今回の症例は1か月前に残根状態の左側第1大臼歯を抜歯しました。

抜歯した跡が上皮で覆われるまで待ちます。

そうなれば、骨造成を行うための1次閉鎖ができるからです。

治療前

治療前の状態です。

粘膜がきれいに治っているのがわかります。

骨膜剥離

全層弁で剥離すると既存骨が見えてきます。

抜歯をした跡の骨欠損を認めます。

ステント

位置、方向をガイドするサージカルステントです。

1本欠損なので、ある程度は目分でいけますが、より正確に行います。

ファイナルドリル

直径5.0mmをキレイにあけることができました。

ただ、ところどころ骨が裂開しました。

やはり骨造成が必要です。

フィクスチャー埋入

フィクスチャーの周囲に骨が足りない部位があります。

この程度であれば、血餅をレーザーで固めただけでも、いいかもしれません。

長期安定を図るベストの治療として、GBRを行いました。

人工骨補填

人工骨を十分量補填します。

シトプラスト

非吸収性メンブレンを使用しました。

露出しても感染しにくいシトプラストというものです。

縫合

骨膜減張切開を十分に行い縫合です。

テンションフリーで1次閉鎖ができました。

術後レントゲン

術後のレントゲンで位置、方向、深さを確認します。

3か月後に2次オペになります。

 

インプラント治療無料相談開催中 インプラント小冊子
昭和歯科医院

医療法人社団 朝菊会 昭和歯科医院

福岡県福岡市西区大字徳永大町913-1
筑肥線 九大学研都市駅 徒歩5分
福岡市天神から国道202号線で西に15km
糸島市筑前前原からは東に6kmです。
TEL 092-807-6912

平日 9:00~12:00 / 13:00~18:00
土  9:00~13:00
休診日 日・祝日

昭和歯科医院 歯ッピーカラフルライフ
昭和歯科医院公式facebook